メニュー

WebScoreRevolution »»
最終更新日 2018-12-17 08:45:51
対戦結果詳細
日付 2018年度  2018/12/15   2試合目
主催/リーグ 神戸グフ
大会/トーナメント 紅白戦  
グラウンド ほっともっと(旧スカイマーク)
スコア Team 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Total
神戸グフ 2 0 0 0 1 0 0 0 0 3
神戸グフ 1 0 1 0 3 2 0 0 0 7
勝敗 その他
先攻バッテリー
後攻バッテリー まつ,日笠,しまだーたつみ たつみーよっしー
長打 安打数:14本
二塁打:海老蔵(助)   三塁打:#60 クラッシャーしまだ  
内容 日笠さんの「飽きた!」発言以来?、1年半ぶりにやってまいりました!
総勢20人と増員した大紅白戦第2ラウンドは、天気も良く天然芝が美しいほっともっと。

恒例のリーダー-まつのドラフト会議。
人情派リーダーと勝利至上まつのそれぞれの戦略により分けられた両軍。
まずは、江戸時代ばりの、動いてはいけない集合写真撮影から、何故か連写撮影と
試合前のグフらしいドタバタ劇も済ませ、いよいよ開戦。

初回、先頭打者GG先輩池田さんのヒットと「ピッチャーが押し込めてないから!」(#55)
センター元さんのおへそキャッチポロリなどで無死満塁とされる先発まつ。
次打者GGはサードゴロに仕留めますが、続く上野のほぼ同じ打球を
「芝に足を取られた。」(#60)試合を潰すサードクラッシャー島田が
本塁へ悪送球する間に2点を先制される。
この後、3,4回エラーもありながら、何とかアウトを取った、
ドタバタランダウンプレーなどもありましたが、初回は何とかこの2点で凌ぐ。

続く2回には最近の侍のマイブーム根っこ打法と、いい球場でスイッチが入った?イケダにヒットを浴びるものの
リーダーをここはストレートで押し込んで抑えると
3回はうえむのセンター前への当たりに、センター元さんが本西キャッチ。
投じた球はオマメでしたが、まぁ多分、元さんからすれば、押し込めていたのでしょう。

一方打線は初回から2桁勝利を狙う相手先発JUMPOを襲い
先頭のクラッシャーがセンターへ3ベースを放つと
めでたく入団を決めてくれた畠中さんがライト前へタイムリー。
3回には「(3回時点のリーダーチーム守備で)唯一のまともな内野やったのに。」(#71)
名手上野のエラーでまつチームが同点に追いつき、2試合連続敗戦投手という、まつの絶対避けたかった状況だけは回避する。

4回からは第1試合好投の日笠さんをマウンドへ。
しかし5回に、スイッチが入っているイケダのファースト強襲打から、
いまむ登場にテンションが上がり、また、JUMPOの10勝に執念を見せるリーダーにレフト線への2ベースを浴びてしまう。

「走って~」(#3)リーダーの絶叫にイケダも激走し、この回勝ち越し点を許してしまうまつ軍でしたが
その裏、前の打席で、巽の盗塁をしっかりカットで邪魔し、グフの空気をしっかり読んだ海老蔵さんと島田の連打から
この日大当たりだった畠中さんのタイムリーですぐさま同点に追いつくと
萩原さんのファーストゴロの間に勝ち越しに成功。
この後、まつ得意のロブからよっしーのセンターライナー(記録は敵失)で加点に成功したまつ軍。

「勝ち越すまでJUMPOで!」(#3)⇒勝ち越したのにJUMPO続投という
相手監督のオリックス経営陣ばりの迷走に助けられましたかね~
単に野球のルールを知らなかったのか^^;

流れをつかんだまつ軍は、6回にも第1試合で無双を誇っていた上野を攻めたて
海老蔵さんのライトへのタイムリー、元さんのレフト前タイムリーと確実に加点した。

最終回は狙い通り守護神クラッシャーを出す展開に持ち込んだまつ軍。
そのクラッシャーがまさかの自分の足を攣って試合をクラッシュしかけますが
後輩海老蔵の前ではさすがに沽券にかかわると、打者3人をしっかり投ゴロに仕留め
リーダー-まつ紅白戦シリーズ、まつ2連勝に花を添えました。
皆様、ありがとーー!!

試合後、しれっと試合を継続しようとするリーダーに
「してもらおう、償いだけはきっちりと。」(兵藤→利根川:カイジ焼き土下座ね)
リアル野球盤でお馴染みの、大和田常務ばりの泣きの土下座で開始されたエキシビジョンイニング。

8回、翌日帰京するにもかかわらず、東京から坂上田さんにライトゴロに仕留められに帰ってきたタムタム。
9回にはマウンドに上がった巽が、その坂上田さんをこの日3つ目のゲッツーという
異次元の結果に仕留めるなど、翌週の忘年会へのネタも満載のこの試合でしたが
最後はピッチャーいまむ、キャッチャーリーダー、打者まつという首脳陣揃い踏みの真剣勝負で幕を閉じたこの試合。

参加者全員満足げな顔で、丸ちゃん、いまむ家族含め最後の記念写真撮影に挑めたのが本当に良かったと思います。
最後の写真撮影も、やっぱり連写でしたけどね^^;

上村さん、写真&ビデオ撮影、本当にありがとうございました!!

そしてリーダー。
勝利至上主義の僕からすれば、貴方の人情ドラフト、采配には本当に敬意を評します。。。


・・・ま、でも、あの土下座画像は、当分グループLINEのアイコンにしときますけどね~~(^^)v

紅白戦も、ほっともっとも、また是非やりたいですね。
今年のグフ唯一のほっともっと勝ち投手となった日笠さん。
華麗なセンター前打に思わずガッツポーズも飛び出し…
ほっともっと、やっぱりいいでしょ??

打撃成績
打順 先発 選手

1


2












1 2 3 4 5 6 7 8 9
1 先発 #60 クラッシャーしまだ 1 2 三塁 単打 敵失    四球
2 先発 畠中(助) 単打 1 ゴロ 単打 1 単打
3 先発 #55 元さん(X) 1 1 単打 敵失 単打 1 単打
4 先発 はぎわら(助) 1 1 * ゴロ 単打 ゴロ 1 ゴロ ゴロ
5 先発 #8 まつ 敵失 単打 単打
6 先発 #66 吉岡(ハタキ) ゴロ 敵失
7 先発 #2 日笠 単打    三振 ゴロ
8 先発 #49 田村(ちゃ~) ゴロ ゴロ ゴロ ゴロ
9 先発 #26 巽(パチパチ) 2 1 ゴロ 敵失 ゴロ
10 先発 海老蔵(助) 2 二塁 単打 1

投手成績
投手名 投球回数 自責点 失点 奪三振 与四球 与死球 被安打 被本塁打 投球数 勝敗
#8 まつ 3回 0/3 0 2 0 1 0 3 0
#2 日笠 3回 0/3 1 1 0 0 0 3 0
#60 クラッシャーしまだ 2回 0/3 0 0 0 1 0 0 0
#26 巽(パチパチ) 1回 0/3 0 0 0 2 0 0 0

Copyright(c) 2003-2014 KOBE GOUF All Rights Reserved.